タイトル 父子家庭が男を救う
刊行日 2012年5月30日
著者 重川治樹
定価 1,800 +税
ISBN 978-4-8460-1146-8
Cコード 0077
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
内容
男女の解放と父子家庭。新聞記者の仕事につきながら、二児を育てた著者は、「育児」が「育自」であることを発見し、今日の社会をより豊かにするために、全ての男性が「父子家庭」を体験せよと提唱する。
著者紹介
重川治樹(しげかわ・はるき)
1944年、東京生まれ。1969年、早稲田大学大学院修士課程修了後、毎日新聞社入社。1985年、離婚後、二児を引き取り、父子家庭となる。定年退職後はフェリス女学院大学非常勤講師など。
関連書籍
ページ上部へ戻る