タイトル 現代劇の形成
刊行日 2014年11月10日
著者 リチャード・ギルマン 著/塩尻恭子 訳
定価 4,000 +税
ISBN 978-4-8460-1347-9
Cコード 0074
ページ数 368
判型 A5
製本 上製
内容
イェール大学での講義をもとに、現代演劇を代表する8人の革新的劇作家──ビューヒナー、イプセン、ストリンドベリ、チェーホフ、ピランデルロ、ブレヒト、ベケット、ハントケの人と作品について詳述。演劇関係者に長く待たれていた名著、待望の邦訳。
著者紹介
リチャード・ギルマン
1923年、ニューヨーク生まれ。イェール大学名誉教授。第二次世界大戦直後からフリーランスで執筆を開始し、CommonwealやNewsweekの演劇欄・文芸欄で編集及び執筆を担当。1967年から1998年までイェール大学演劇学部教授。ペン・アメリカン・センター会長(1981年~1983年)。2006年、日本にて没。

塩尻恭子(しおじり・やすこ)
1941年生まれ。同志社大学名誉教授。同志社大学文学部英文学科卒。同大学院及びUniversity of RochesterにてM.A.取得。
関連書籍
ページ上部へ戻る