タイトル 環境の美学
サブタイトル ムラの風景とアメニティ
刊行日 1999年9月25日
著者 勝原 文夫
定価 2,800 +税
ISBN 978-4-8460-0075-2
Cコード 0025
ページ数 293
判型 B6
製本 上製
内容
日本人の原風景には、農村の『やすらぎ感』が横たわり、アメニティ=生活の快適度の指標となっている。個人的原風景から国民的・人類的原風景へと論をすすめる著者はルーラル・デザインとアメニティとの関係を探求する。
著者紹介
勝原文夫(かつはら・ふみお)
大正12年9月20日東京に生れる。昭和23年東京大学経済学部卒業。創立時の国立国会図書館調査局に入り、39年間在職して昭和62年に退職。直ちに同年創立の徳山女子短期大学の教授に迎えられ、平成3年より学長。平成9年退任。自宅に日本農村風景研究所を開設。昭和62年に農村風景論に関する著述活動により、「田村賞」(第8回)を受賞。俳暦は、昭和46年前後から作句し始め、翌47年の暮れより、「春燈」に投句。昭和49年の3月から成瀬櫻桃子前主宰の指導を受け、櫻桃子師の没後は、鈴木榮子現主宰の指導を受けている。平成17年燈下集入集。俳人協会会員。昭和55年第1句集『青田』(句文集)を刊行。以後、第3句集まで刊行。
関連書籍
ページ上部へ戻る