タイトル 甲賀三郎探偵小説選Ⅱ
刊行日 2017年2月6日
著者 甲賀三郎
定価 3,600+税
ISBN 978-4-8460-1568-8
Cコード C0093
ページ数 376
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 103
内容
粗忽者の憎めぬ夜盗〈気早の惣太〉シリーズを初集成。戦時中に発表された未刊の長編「朔風」、雑誌連載終了から73年を経ての単行本初収録。デビュー作「真珠塔の秘密」から遺稿の脚本「街にある港」まで、戦前期本格派の驍将が書き残した長短編を厳選し、多岐に渡る作風を俯瞰する! 甲賀三郎次女・深草淑子氏による特別エッセイ「父・甲賀三郎の思い出」を併禄。
著者紹介
甲賀三郎(こうが・さぶろう)
1893(明26)年、滋賀県生まれ。本名・春田能為。1918年、東京帝大工学部化学科を卒業。20年、農商務省臨時窒素研究所技手となる。23年に雑誌『新趣味』の懸賞応募作「真珠塔の秘密」でデビューを果たし、以降、「琥珀のパイプ」(24)や「ニッケルの文鎮」(26)など、理化学トリックを使った作品を数多く発表する。28年に窒素研究所技師を退任して専業作家となり、〈気早の惣太〉シリーズのようなユーモア物から『支倉事件』(27)のような犯罪実話、さらには『怪奇連判状』(37-38)のような時代小説まで、様々な分野へ創作活動の幅を広げていく。32年には新潮社の「新作探偵小説全集」へ書下ろし長編『姿なき怪盗』を発表。探偵小説のパズル性を重視する立場を打ち出し、木々高太郎や大下宇陀児と探偵小説観の論争を繰り広げ、連載エッセイ「探偵小説講話」(35)、及び「探偵小説十講」(36-37)の中でも自身の主張を展開した。33年から35年まで文藝家協会理事を、42年から44年にかけて日本文学報国会事務局総務部長を、それぞれ務める。44年10月、日本少国民文化協会事務局長に就任。1945(昭20)年、公務で訪れた九州からの帰都途中、急性肺炎のため岡山県内の病院で死去。

深草淑子(ふかくさ・よしこ)
旧姓春田。1925 年8 月13 日、甲賀三郎の次女として渋谷に生まれる。42 年、文化学院女学部卒業。2004 年に初の著書『愛国者』(東洋出版)を上梓。
編集者コメント
14年ぶりの『甲賀三郎探偵小説選』続刊です。2016年12月の時点で確認できた【気早の惣太】シリーズを一挙集成し、併せて、甲賀三郎が生み出した最初の探偵キャラクタ—・橋本敏が登場する短編2作も収録します。橋本敏探偵譚の第一作「真珠塔の秘密」は、博文館の雑誌『名作』へ加筆再録された際の最終決定稿を底本にし、適宜、初刊本のルビも採用しました。光文社文庫『幻の探偵雑誌(7) 「新趣味」傑作選』へ採録された初出テキストと読み比べてみるのも一興です。
その他、単行本初収録となる作家活動中期の短編、戦中から戦後にかけて発表された作品を多数収録。遺作長篇「朔風」は雑誌連載終了から73年を経ての初単行本化です。
目次
【創作篇】
真珠塔の秘密
カナリアの秘密

気早の惣太の経験
惣太の喧嘩
惣太の幸運
惣太の意外
惣太の受難
惣太の求婚
惣太の疑惑

銀の煙草入
都会の一隅で
暗黒街の紳士
兇賊を恋した変装の女探偵
池畔の謎
ビルマの九官鳥
朔風
街にある港(一幕)

父・甲賀三郎の思い出(甲賀三郎・次女 深草淑子)

【解題】浜田知明
備考

 もっと詳しく甲賀三郎について知りたい方は、甲賀三郎研究サイト「甲賀三郎の世界」をご覧下さい。

関連書籍
ページ上部へ戻る