タイトル 甲賀三郎探偵小説選
刊行日 2003年12月10日
著者 甲賀三郎
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0407-1
Cコード 0093
ページ数 376
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 3
内容
本格派の愉悦。科学者作家の冷徹なる実験精神が、闇に嵌まった都市のパズルを解きほぐす。昭和初期発表の短編5編、評論・随筆11編収録。
著者紹介
甲賀三郎(こうが・さぶろう)
1893(明26)年、滋賀県生まれ。本名春田能為。1918(大7)年、東京帝大工学部化学科を卒業。20(大9)年、農商務省臨時窒素研究所技手となる。23(大12)、「真珠塔の秘密」で推理文壇デビュー。以降、理化学トリックを使った作品を数多く発表。45(昭20)年、急性肺炎のため死去。
関連書籍
ページ上部へ戻る