タイトル 百年祭の殺人
刊行日 2013年5月30日
著者 マックス・アフォード 著/定木大介 訳
定価 2,400 +税
ISBN 978-4-8460-1238-0
Cコード 0097
ページ数 384
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 105
内容
巧妙なトリックと鮮烈なロジック。〝オーストラリアのJ・D・カー〟が贈る密室ファン必読の書。ブラックバーン教授、連続猟奇殺人に挑む。
著者紹介
マックス・アフォード
1906-1954。本名マルコム・R.アフォード。オーストラリア、南オーストラリア州アデレード生まれ。ジャーナリストを経て脚本家に転身し、ラジオドラマや舞台劇の台本を数多く手がける。1936年、オーストラリア国営放送ラジオ局の専属ライターとなり、イギリスの出版社から『百年祭の殺人』を刊行。以後は脚本家だけでなく作家としても活躍し、オカルト趣味が濃厚な『魔法人形』(37)や怪盗物のFly by Night(42)などを発表する。

定木大介(さだき・だいすけ)
1966年東京生まれ。早稲田大学法学部中退。
関連書籍
ページ上部へ戻る