タイトル 知りすぎた男
サブタイトル ホーン・フィッシャーの事件簿
刊行日 2008年9月25日
著者 G・K・チェスタトン 著/井伊順彦 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0789-8
Cコード 0097
ページ数 356
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 81
内容
巨匠G・K・チェスタトンが、国内政治や国際関係を背景とした事件に与する人間を鋭く描く。さまざまなことを知りすぎているゆえに苦悩するホーン・フィッシャーと、相棒役である新進政治記者のハロルド・マーチ。彼らの推理譚八編と、ノンシリーズ二編を収録。
著者紹介
G.K.チェスタトン
1874〜1936年。ロンドン生まれ。ロンドンの出版社勤務を経て文筆家になる。作家、エッセイスト等として活躍したイギリス文学界に名を残す巨匠。著書に「ポンド氏の逆説」など。

井伊順彦(いい・のぶひこ)
1955年東京生まれ。早稲田大学大学院博士前期課程(英文学専攻)修了。英文学者。
関連書籍
ページ上部へ戻る