タイトル 竜神信仰
サブタイトル 諏訪神のルーツをさぐる
刊行日 2006年5月30日
著者 大庭祐輔
定価 3,000 +税
ISBN 978-4-8460-0314-2
Cコード 0014
ページ数 318
判型 四六
製本 上製
品切れ
内容
天に竜がすみ雨と共に水中におりる。天竜の考え方は古代朝鮮にあるが、諏訪には古代朝鮮につながる遺物が多い。その文化の、ひとつは伊勢を経て、ひとつは出雲から日本海、越後を経て、諏訪へともたらされた経緯を解明する。
著者紹介
大庭祐輔(おおば・ゆうすけ)
1934年、磐田市(旧十束村)に生まれる。静岡大卒。画家として行動展を中心に作品を発表、韓国テグ市、パリ市などで作品を発表。民俗研究1981年、遠州常民文化談話会を結成、1993年まで初代の代表。『天竜川の暮らしと文化』(磐田市誌)、『天竜川』(郷土出版社)などに執筆。
関連書籍
ページ上部へ戻る