タイトル 笑いの狩人
サブタイトル 江戸落語家伝
刊行日 2010年4月23日
著者 長部日出雄
定価 1,800 +税
ISBN 978-4-8460-1041-6
Cコード 0093
ページ数 296
判型 四六
製本 並製
内容
江戸落語を創った五人の芸人。創始者・鹿野武左衛門から、近代落語の祖・三遊亭円朝まで江戸落語通史としても読める評伝小説集。
著者紹介
長部日出雄(おさべ・ひでお)
1934年、青森県弘前市生まれ。早稲田大学中退。新聞社勤務を経て、TV番組の構成、ルポルタージュ、映画評論の執筆等に携わる。73年『津軽世去れ節』『津軽じょんがら節』で直木賞、80年『鬼が来た棟方志功伝』で芸術選奨文部大臣賞、87年『見知らぬ戦場』で新田次郎文学賞、2002年『桜桃とキリストもう一つの太宰治伝』で大佛次郎賞、和辻哲郎文化賞を受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る