タイトル 続・最後の場所 8号
刊行日 2020年10月12日
著者 菅原則生 編著
定価 1000+税
ISBN 978-4-8460-2002-6
Cコード 0095
ページ数 90
判型 A5
製本 並製
シリーズ名 続・最後の場所
シリーズ番号 8号
著者紹介
菅原則生(すがわらのりお)。
1950年福井出身。76年『最後の場所』創刊、83年終刊。創刊の頃、吉本隆明さんから云われた「あなたが抱えている課題は、トロツキーを始めとして、古今東西、誰一人として解いた者はいません」ということばが耳の底に残る。終刊後、校正を業とする。時折、正気(狂気)が蘇ると〈思想〉のことを考えていた。著書に『浄土からの視線』(弓立社)。
目次
『マチウ書試論』をめぐって 7——《大衆の原型》へ  菅原則生

真夏の村上春樹——『一人称単数』と『猫を棄てる––– 父親について語るとき』 伊川龍郎

岡田幸文さんと比加賀津夫さんを悼む 松岡祥男

軍人・本村千代太と日中戦争のことなど年表的に(上)——増補改訂『吉本政枝 拾遺歌集』番外篇(二) 宿沢あぐり

きれぎれの感想 コロナ禍、近畿財務局職員の自殺 菅原則生
関連書籍
ページ上部へ戻る