タイトル 緯度殺人事件
刊行日 2016年3月31日
著者 ルーファス・キング 著/熊井ひろ美 訳
定価 2,200円+税
ISBN 978-4-8460-1507-7
Cコード C0097
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 168
内容
十一人の船客を乗せて出航した貨客船。陸上との連絡手段を絶たれた海上の密室で連続殺人事件の幕が開く……。ルーファス・キングが描くサスペンシブルな船上ミステリ。〈ヴァルクール警部補〉シリーズ第三作、満を持しての完訳刊行!
著者紹介
ルーファス・キング
1893年、アメリカ、ニューヨーク生まれ。イェール大学卒業後、アメリカ軍に入隊。国境警備や砲兵として従軍する。第一次世界大戦後に除隊し、貨物船の無線技師など、海上職に就く。その後、短編小説の執筆を経て、1924年に初めてのミステリ短編” Battling Beaucaire”を発表。以降、「深海の殺人」(34)や「不変の神の事件」(36)、「青髭の妻」(46)など、精力的に長編ミステリを書き続けた。短編集『不思議の国の悪意』は《クイーンの定員》第117席に選出されている。1966年死去。

熊井ひろ美(くまい・ひろみ)
東京外国語大学英米語学科卒。英米文学翻訳家。主な訳書にニック・トーシュ『ダンテの遺稿』(早川書房)、キャメロン・マケイブ『編集室の床に落ちた顔』(国書刊行会)、シーバリー・クイン『グランダンの怪奇事件簿』、ルーパート・ペニー『警官の証言』、『警官の騎士道』(いずれも論創社)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る