タイトル 自分を殺した男
刊行日 2006年7月20日
著者 ジュリアン・シモンズ 著/伊藤星江 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0736-2
Cコード 0097
ページ数 242
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 53
内容
ミステリ界の巨匠ジュリアン・シモンズによる、ユーモアと皮肉たっぷりの犯罪小説。評論家H・R・F・キーティングがミステリ・ベスト100に選び、称賛してやまなかった名品。
著者紹介
ジュリアン・シモンズ
英国、ロンドン生まれ。速記タイピスト、秘書、コピーライターなどの職を転々としたのち、1937年に詩の雑誌『20世紀の詩』を創刊。39年には詩集Confusions About Xを刊行している。ミステリでのデビューはThe Immaterial Murder Case(45)。『殺人の色彩』(57)でCWAゴールド・ダガー賞、『犯罪の進行』(60)でMWA最優秀長編賞、CWAシルヴァー・ダガー賞を受賞。また、『サンデー・タイムズ』紙で筆を執った書評活動や、MWA最優秀評論賞を受賞した『ブラッディ・マーダー』(72)の出版、CWAの創設など、他方面に活躍。その功績が認められ、82年にMWAから、90年にCWAからそれぞれ巨匠賞が贈られた。

伊藤星江(いとう・ほしえ)
関連書籍
ページ上部へ戻る