タイトル 蒼井雄探偵小説選
刊行日 2012年8月10日
著者 蒼井雄
定価 3,600 +税
ISBN 978-4-8460-1165-9
Cコード 0093
ページ数 320
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 54
内容
雄渾な自然描写とアリバイ・トリック。日本のクロフツと目された戦前本格派の雄による短編を初集成。連作「ソル・グルクハイマー殺人事件」併載。
著者紹介
蒼井雄(あおい・ゆう)
1909(明42)年、京都府生まれ。本名・藤田優三。大阪市立都島商業学校電気科卒業後、宇治川電気(後に関西電力)に入社。34(昭9)年、「狂燥曲殺人事件」を『ぷろふいる』に発表してデビュー。36年、春秋社の書下し長編探偵小説募集に『船富家の惨劇』を投じ一席入選。同年、長編「瀬戸内海の惨劇」を『ぷろふいる』に連載するが、翌37年の「霧しぶく山」を最後に筆を断った。戦後、「黒潮殺人事件」(47)で復活したが、翌年までに半ダースほどの作品を発表するにとどまった。
関連書籍
ページ上部へ戻る