タイトル 蘭郁二郎探偵小説選Ⅰ
刊行日 2013年1月20日
著者 蘭郁二郎
定価 3,600 +税
ISBN 978-4-8460-1199-4
Cコード 0093
ページ数 360
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 59
内容
若くして異国の空に散った悲劇の作家 海野十三と並び称される戦前科学小説の雄による科学探偵&少年探偵シリーズを集成。林田葩子名義の全作品も併載。
著者紹介
蘭郁二郎(らん・いくじろう)
1913(大2)年、東京都生まれ。本名・遠藤敏夫。別名・林田葩(はな)子。東京高等工業学校の電気工学科に入学した1931(昭6)年、平凡社版『江戸川乱歩全集』の付録小冊子『探偵趣味』の掌編探偵小説募集に「息を止める男」が佳作入選。35年、探偵小説愛好家の仲間と『探偵文学』を創刊し、作品を発表。37年、後継誌『シュピオ』の編集実務に携わる。『シュピオ』休刊の年、『小学六年生』に連載した科学小説「地底大陸」(38~39)で一躍人気作家となり、以後、旺盛な執筆力を示した。
関連書籍
ページ上部へ戻る