タイトル 虐待と親子の文学史
刊行日 2010年5月25日
著者 平田厚
定価 2,400 +税
ISBN 978-4-8460-1064-5
Cコード 0091
ページ数 320
判型 四六
製本 上製
内容
文学作品にあらわれた虐待と親子関係の描写を通して、日本の家族像の変遷をたどるユニークな文学史。身体的・性的・心理的虐待、ネグレクト…子どもに対する家庭内虐待は、近現代文学のなかでどう描かれてきたのか。法律家の目で見た、虐待の近現代史。
著者紹介
平田厚(ひらた・あつし)
1985年東京大学経済学部卒業。1990年第二東京弁護士会登録。1996年ベルギー、ルーヴェン・カソリック大学留学。2004年明治大学法科大学院専任教授。2005年クレオール日比谷法律事務所設立。
関連書籍
ページ上部へ戻る