タイトル 虐殺の少年たち
刊行日 2015年11月30日
著者 ジョルジョ・シェルバネンコ 著/荒瀬ゆみこ 訳
定価 2.000円+税
ISBN 978-4-8460-1483-4
Cコード C0097
ページ数 264
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 159
内容
夜間校の教室で女教師が暴行恥辱され瀕死の状態で発見された。警察は生徒による犯行と断定し11名を逮捕するが……。元医師で警官のドゥーカが少年犯罪に挑む!
著者紹介
ジョルジョ・シェルバネンコ
(1911-1969)ウクライナ、キエフ出身。アメリカのボストンを舞台にした〈アーサー・ジェリング〉シリーズ、イタリアが舞台の〈ドゥーカ・ランベルティー〉シリーズを発表。1968年にフランス推理小説大賞の翻訳作品部門を受賞している。

荒瀬ゆみこ(あらせ・ゆみこ)
大阪外国語大学イタリア語学科卒業。雑誌記者、書籍編集者を経て翻訳家。主な訳書にニコロ・アンマニーティ『ぼくは怖くない』、シルヴィア・アヴァッローネ『鋼の夏』(早川書房)、ジーノ・ストラダ『ちょうちょ地雷』(紀伊國屋書店)、ジュゼッペ・ジェンナ『イスマエルの名のもとに』(角川書店)などがある。

関連書籍
ページ上部へ戻る