タイトル 血染めの鍵
刊行日 2018年1月末刊行予定
著者 エドガー・ウォーレス 著/友田葉子 訳
定価 2400+税
ISBN 978-4-8460-1686-9
Cコード C0097
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 202
内容
資産家のトラスミア氏が密室で殺害された。部屋のドアは複製不可能な鍵で施錠されており、室内には血に染まったピンが落ちていた。警察と協力して事件の謎を追う『メガフォン』紙の記者ホランドだが、またしても密室殺人が……。横溝正史「迷路荘の惨劇」の作中でも言及されている、エドガー・ウォーレスの代表作が84年ぶりに新訳でよみがえる! 『秘密探偵雑誌』へ初訳を連載したのは、英国仕込みの探偵小説を多数発表した松本泰(論創社より『松本泰探偵小説選』1〜3巻が発売)。
著者紹介
エドガー・ウォーレス
本名リチャード・ホレイショー・エドガー・ウォーレス。1875年、英国ロンドン生まれ。新聞の売り子やトロール船の乗組員として働きながら学問を修め、1894年に英国陸軍歩兵隊へ入隊した。医療隊への転属後、99年に除隊。除隊後はロイター通信社や〈デイリー・メール〉紙などで記者をしていたが名誉毀損による損害賠償問題を起こして失職する。1905年に発表した処女作「正義の四人」がベストセラーとなり、以後は専業作家として膨大な数の小説を書いた。32年、ハリウッド滞在中に肺炎と糖尿病を併発して急逝。

友田葉子(ともだ・ようこ)
津田塾大学英文学科卒業。非常勤講師として英語教育に携わりながら、2001年、『指先にふれた罪』(DHC)で出版翻訳家としてデビュー。その後も多彩な分野の翻訳を手がけ、『極北× 13 + 1』(柏艪舎)、『カクテルパーティー』『ミドル・テンプルの殺人』『死者はふたたび』(いずれも論創社)、『ショーペンハウアー 大切な教え』(イースト・プレス)など、多数の訳書・共訳書がある。
関連書籍
ページ上部へ戻る