タイトル 血脈破断
サブタイトル 阿部日顕(アベニッケン)が潰した日蓮正宗
刊行日 2011年12月25日
著者 坂口義弘 
定価 1,500 +税
ISBN 978-4-8460-1107-9
Cコード 0015
ページ数 240
判型 四六
製本 並製
内容
日蓮より700余年にわたる“法主の血脈=富士の清流”は、なぜ“濁流”と化したか?日顕登座以後、信徒数1780万人が39万人となる。全国各地の寺院を訪ね、100名の取材で明らかとなる真実!“ニセ相承”疑惑の謎を解く。
著者紹介
坂口義弘(さかぐち・よしひろ)
北海道函館市生まれ。週刊誌記者、雑誌編集者などを経て、フリージャーナリスト。日本ペンクラブ会員。元『歴史と現代』『新雑誌エックス』編集長。
関連書籍
ページ上部へ戻る