タイトル 赤き死の香り
刊行日 2008年6月25日
著者 ジョナサン・ラティマー 著/稲見佳代子 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0786-7
Cコード 0097
ページ数 314
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 78
内容
富豪一族に相次いで起こる変死事件。現場に残されたクチナシの香りを追って、酒と女に弱い私立探偵ビル・クレインが謎に挑む。古典的名作『モルグの女』のジョナサン・ラティマーによる、ハードボイルド+本格ミステリの秀作。ビル・クレイン・シリーズ最終作。
著者紹介
ジョナサン・ラティマー
1906〜83。ジョナサン・ワイアット・ラティマー。シカゴ生まれ。ノックス・カレッジを卒業後、「シカゴ・トリビューン」紙などで新聞記者として働く。1935年、私立探偵ビル・クレインが登場するMurder in the Madhouseで作家デビュー。40年頃からシナリオライターとしても活躍。ダシール・ハメット原作の映画『ガラスの鍵』や、テレビドラマ「ペリー・メイスン」、「刑事コロンボ」の脚本を担当した。また、ピーター・コフィン名義での作品もある。

稲見佳代子(いなみ・かよこ)
大阪外国語大学イスパニア語学科卒。東京都杉並区在住。
関連書籍
ページ上部へ戻る