タイトル 近代フランス哲学講義
刊行日 1999年10月15日
著者 竹田篤司
定価 1,800 +税
ISBN 978-4-8460-0282-4
Cコード 0010
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
内容
モンテーニュ、デカルト、ラ・ロシュフコー、パスカル、ベール…。近代フランス哲学の流れのなかで、「人間」や、そのあり方・生き方というものがどのように捉えられ、実践されてきたのかを考察しながら、哲学の意義と人生の指標を探求していく恰好の哲学入門の書。
著者紹介
竹田 篤司(たけだ・あつし)
1934年、愛知県生まれ。東京教育大学哲学科卒。同大学院博士課程(仏語仏文学専攻)中退。愛知県立大学助教授を経て、現在、明治大学教授。専攻はフランス哲学、近代日本思想。他に、スペイン思想史に関心を持つ 。
関連書籍
ページ上部へ戻る