タイトル 運河の追跡
刊行日 2014年7月30日
著者 アンドリュウ・ガーヴ 著/菱山美穂 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-1344-8
Cコード 0097
ページ数 224
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 125
内容
連れ去られた娘を助けるべく東奔西走する母親。残された手掛かりから監禁場所を探し出せるのか。運河に展開する追跡劇を描いた、アンドリュウ・ガーヴ円熟期の作品が遂に邦訳!
著者紹介
アンドリュウ・ガーヴ
1908年、英国レスターシャー生まれ。ロンドン大学経済学部卒業後、「エコノミスト」編集委員や「ロンドン・ニューズ・クロニクル」の記者を務める。1947年に記者を辞職し、本格的な作家活動に入る。1930年代から創作活動を始めており、記者時代にロジャー・バックス名義で発表したDeath Beneath Jerusalem(38)がミステリのデビュー作。1950年に発表した『ヒルダよ眠れ』が代表作として有名。2001年没。

菱山美穂(ひしやま・みほ)
1965年生まれ。英米文学翻訳者。他名義による邦訳書あり。
関連書籍
ページ上部へ戻る