タイトル 酒井嘉七探偵小説選
刊行日 2008年4月30日
著者 酒井嘉七
定価 2,800 +税
ISBN 978-4-8460-0722-5
Cコード 0093
ページ数 416
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 34
内容
航空ものや長唄ものから未発表原稿まで、酒井嘉七の全創作を初集成。没後半世紀を経て経歴が判明し、幻の戦前本格派探偵作家の全貌が明かされる。
著者紹介
酒井嘉七(さかい・かしち)
1905年、神戸市生まれ。本名・嘉七郎。パルモア英学院卒業後、神戸の貿易会社に勤務。1934年、「亜米利加発第一信」が『新青年』の新人創作として掲載され、デビュー。翌年、「探偵法第十三号」を『ぷろふいる』に発表。以後、同誌や『探偵春秋』を中心に十数編の短編を発表。ミニオン・G・エバハート『霧中殺人事件』他の翻訳でも健筆をふるった。1946年、疎開先の岡山で病歿。
関連書籍
ページ上部へ戻る