タイトル 里村欣三の風骨
サブタイトル 小説・ルポルタージュ選集 全一巻
刊行日 2019年3月22日
著者 里村欣三著/大家眞悟編著
定価 ¥6800+税
ISBN 978-4-8460-1726-2
Cコード 0093
ページ数 800
判型 A5変
製本 上製
内容
底辺に生きる人々に心惹かれた作家 。もと徴兵忌避者、のちプロレタリア作家として活躍、昭和20年ルソン島で報道従軍中に被爆死した里村欣三。波乱の人生を貫いたその眼差しには「時代」の桎梏を突き抜ける普遍性がある。本書には里村欣三の風骨、作家的相貌をただ一冊の本で示す42作品を一挙収録!
著者紹介
著者:里村欣三(さとむら きんぞう)
1902(明治35) 年3月13日、岡山県生まれ。本名、前川二享。1922(大正11)年、徴兵を忌避し、中国東北部(当時の満州)を放浪した後、1924(大正13)年、東京で『文芸戦線』に加わる。以後、プロレタリア作家として労農芸術家連盟、労農文化連盟などの運動に関与する。日中戦争開始とともに兵役に戻り、以後、中国各地、マレー、ボルネオ等に従軍。1945(昭和20)年2月23日、フィリピンのルソン島の前線で報道従軍中被爆死。享年42。

編著者:大家眞悟(おおや しんご)
1947年12月、和歌山県生まれ。奈良教育大学卒業。建築労働組合事務局勤務後、印刷関連会社の現場オペレーターとして生活。定年退職後、障がい者のガイドヘルパーに従事している。著書に里村欣三の人生の変転を追った評伝『里村欣三の旗』(2011年5月、論創社)、共著に『葉山嘉樹・真実を語る文学』(2012年5月、花乱社)、『里村欣三の眼差し』(2013年2月、吉備人出版)がある。
目次
目次

 はじめに
 推薦の言葉  田原隆雄

起ーー出発
 村男と組んだ日
 富川町から
 思い出す朴烈君の顔
承ーー放浪
 放浪病者の手記
 シベリヤに近く
 河畔の一夜
 苦力頭の表情
 放浪の宿
 旅順
 国境の手前
 濃霧
 痣
展ーープロレタリア作家
 疥癬
 動乱
 娘の時代
 暴風
 佐渡の唄
 十銭白銅
 売り得ない女(「東京暗黒街探訪記」第十章)
 古い同志
 襟番百十号
転ーー動揺
 北満の戦場を横切る
 戦乱の満洲から
 凶作地帯レポート
 満洲から帰った花嫁
 支那ソバ屋開業記
 苦力監督の手記
輾ーー中国戦線
 第二の人生(抄)
 怪我の功名
 獺
 マラリヤ患者
 回教部落にて
結ーー従軍作家
 月下の前線にて
 歴史的会見を観たり
 閣下
 洪水(『北ボルネオ紀行 河の民』抄)
 ミナミノ ヒカル ムシ
 北辺の皇土
 アッツ島挿話
 大空の斥候
 美しき戦死
 いのち燃ゆ

 テキストの周縁からー解題に代えて
 あとがき
 里村欣三発表作品リスト補遺
関連書籍
ページ上部へ戻る