タイトル 鉛筆でなぞる『法華経』
サブタイトル 「方便品」と「如来寿量品」
刊行日 2020年9月10日
著者 江間浩人
定価 1500+税
ISBN 978-4-8460-1915-0
Cコード 0015
ページ数 344
判型 新書
製本 -
内容
『法華経』の「方便品(ほうべんほん)第二」「如来寿量品(にょらいじゅりょうほん)第十六」は最上の経典といわれています。

『法華経』のエッセンスをなぞりながら(五回分)、「あなただけの法華経」を体験してみてはどうでしょうか。

※本の開きが良く、書き込みのしやすい〈コデックス装〉仕様です。

著者紹介
江間浩人(えま・ひろと)
1970東京生まれ。仏教系大学卒業後、サラリーマン生活の傍ら日蓮を研究。論創社webサイトにて「ミステリーな日蓮」を連載中。
目次
はじめに ‥‥‥‥‥ 今、なぜ『法華経』か
第一部 ‥‥‥‥‥ 「方便品」   原典・訓読・現代語訳/万人の成仏を説いた「方便品」 
第二部  ‥‥‥‥‥ 「如来寿量品」 原典・訓読・現代語訳/永遠の仏を説いた「如来寿量品」
実践編(5回分)‥‥ 「方便品」「如来寿量品」

関連書籍
ページ上部へ戻る