タイトル 銀の墓碑銘(エピタフ)
刊行日 2019年5月15日
著者 メアリー・スチュアート 著/木村浩美 訳
定価 3000+税
ISBN 9784846018030
Cコード 0097
ページ数 376
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 232
内容
パルナッソス山中で殺害された男の足跡を辿った先に待ち受ける”死の真相”。第二次大戦中に殺された男は何を見つけたのか? 
アントニイ・バークリー絶賛! 「現代ギリシャをリアルに捉えた傑作。一九六〇年のベスト・エンターテインメントの一つだ!」
著者紹介
メアリー・スチュアート
 本名メアリー・フロレンス・エリナー・レインボウ。1916年、 イングランド北東部、ダラム州サンダーランド生まれ。38年、ダラム大学英語科を卒業後、ダラム大学で英語や英文学の講師を勤める。55年、メアリー・スチュアート名義の著書 “Madam,Will You Talk?” で作家デビューした。2014年死去。

〔訳者〕
木村浩美(きむら・ひろみ)
 神奈川県生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書に『守銭奴の遺産』や『霧の島のかがり火』(ともに論創社)、『シャイニン グ・ガール』(早川書房)、『悪魔と悪魔学の事典』(原書房、 共訳)など。
目次
銀の墓碑銘
訳者あとがき
解説 三門優祐
関連書籍
ページ上部へ戻る