タイトル 韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018
刊行日 2018年5月15日
著者 室井昌也
定価 1,550(電子書籍:1,300)+税
ISBN 978-4-8460-1727-9
Cコード 0075
ページ数 176
判型 B6
製本 並製

電子書籍はこちらから▼

内容
日本で唯一の韓国プロ野球観戦ガイド
野球好きから韓国ファンまで 本書で15年目を迎えました!
寸評&索引つき
著者紹介
1972年10月3日 東京生まれ。西武球場に足繁く通っていた小学4年生(1982年)の時、日本で放映された韓国プロ野球発足のニュースを見て以来、韓国、韓国球界に関心を持つ。
日本大学芸術学部演劇学科中退後、レポーター・MC業の傍ら韓国プロ野球の取材活動を開始。韓国梨花女子大学言語教育院留学中の2002年には「大統領杯 国際ウリマル雄弁大会」で、韓国の街中の看板によく見られる、親指を立てるポーズを考察。スライドを用いて紹介し、外国人部門最優秀賞を受賞した。
以後、“韓国プロ野球の伝え手”として、2003年より毎年「韓国プロ野球観戦ツアー」を企画・実施。2004年からは本書を毎年刊行している。
取材を元にした韓国プロ野球の情報発信は、WBC、プレミア12などの国際大会において、地上波中継局への情報提供、取材等コーディネート、ゲスト解説、公式プログラム他、執筆などに反映されている。
連載物として、韓国では2006年よりスポーツ朝鮮でのコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を韓国語で連載。2017年3月に連載500回を突破した。日本では2009年より日刊スポーツのモバイルサイト「ワールドベースボール」でコラム「韓話☆球題」を担当し連載は500回を迎える。
その他に、韓国の球団が数多く春季キャンプを行う沖縄県のキャンプ観光促進や、野球関連企業へのアドバイスも行っている。
また、毎年本欄で記しているように「ラジオ」への関心が高く、2014年11月にはラジオで交通情報を担当する女性を紹介したインタビュー本「交通情報の女たち」(論創社刊)を出版。2015年10月にはラジオの世界で働く人々をインタビュー形式で紹介した「ラジオのお仕事」(勉誠出版)を刊行した。そして2016年7月からは「室井昌也の韓国野球を観に行こう!」(ラジオ日本)に出演している。
ストライク・ゾーン取締役社長。
備考

【紹介ムービー】

 

【著者サイト】➡️[韓国プロ野球応援サイト ストライク・ゾーン

【著者出演のラジオ番組】

『ラジオ日本』で毎週火曜日、AM 11:05〜放送の番組「ハロー!アイレディオ」のワンコーナー、

「韓国野球を観に行こう」に出演中!

ご視聴は ➡️[http://giants.jorf.co.jp/kbaseball/(毎週木曜日更新)

関連書籍
ページ上部へ戻る