タイトル 餌食としての都市
刊行日 2006年4月10日
著者 ルネ・ポレシュ 著/新野守広 訳
定価 1,200 +税
ISBN 978-4-8460-0596-2
Cコード 0074
ページ数 98
判型 A5変
製本 並製
シリーズ名 ドイツ現代戯曲選
シリーズ番号 10
内容
4人の人物たちがソファーに座り、矢継ぎ早に自分や仲間や社会の不満を語りだすが、そこにはポレシュ特有のネオ・リベラリズム批判が込められている。従来の演劇の枠にとらわれない斬新な舞台が評判になった。
著者紹介
ルネ・ポレシュ
1962年生まれ。ドイツのギーセン大学で演劇学を学ぶ。1992年フランクフルトのTAT劇場で『スプラッターブールヴァード』が上演されて以来、ドイツ語圏各地の劇場で演出活動に携わる。2001年ミュールハイム劇作家賞受賞。ベルリン・フォルクスビューネ劇場に付属する小スペース、プラーターの芸術監督に就任。2002年「テアターホイテ」誌の最優秀劇作家に選ばれる。

新野守広(にいの・もりひろ)
1958年生まれ。立教大学教授。AICT(国際演劇評論家協会)会員。「シアターアーツ」編集委員。
関連書籍
ページ上部へ戻る