タイトル 香住春吾探偵小説選Ⅱ
刊行日 2016年1月20日
著者 香住春吾
定価 3,600円+税
ISBN 978-4-8460-1500-8
Cコード 0093
ページ数 404
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 94
内容
幻の懸賞入選作「片目珍作君」を復刻! 創作復帰後の大阪府警《西荻署シリーズ》まで、関西在住の放送作家が書いたユーモア・ミステリを集成した探偵小説選第2巻! ボーナストラックとして、『週刊朝日』懸賞実話に入選した「ポマードと白粉」も収録。
著者紹介
香住春吾(かすみ・しゅんご)
1909(明42)年生まれ。本名・浦辻良三郎。別名・香住春作。京都符生まれ。1937(昭12)年、『週刊朝日』の懸賞実話に「白粉とポマード」が入選。戦後間もなく、後の関西探偵作家クラブの前身、神戸探偵小説クラブに参加し、48年、春作名義のユーモア・コント「見合令嬢」で小説家としてデビュー。49年、「カロリン海盆」で『宝石』短篇懸賞選外佳作。ラジオ放送作家として活躍し始めた50年に、筆名を春吾と改名。ユーモラスな語り口のミステリを得意とした。テレビ時代に入って放送作家業が多忙となり、55年の「間貫子の死」をもって小説の筆はいったん途絶えた。1993(平5)年、歿。
目次
【創作篇】
片目珍作君

吾助の帰宅
暗い墓場
仁清の茶壺
一割泥棒
損をするのはいや
哀しき死神

ポマードと白粉

【評論・随筆篇】
片目珍作君の弁
乱歩さんと私
近頃不愉快なこと
支部の在り方について
十五年目に思う
乱歩先生への借り
"探偵小説"尋ね人
私と探偵小説
関西探偵作家クラブのころ
アンケート

解題(横井 司)
関連書籍
ページ上部へ戻る