タイトル 髑髏城の七人
サブタイトル Ver.2011
刊行日 2011年8月10日
著者 中島かずき
定価 1,800 +税
ISBN 978-4-8460-0973-1
Cコード 0074
ページ数 200
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 K.Nakashima Selection
シリーズ番号 Vol.17
内容
豊臣秀吉に反旗を掲げ、暴虐の限りを尽くす髑髏党と首領“天魔王”。その行く手をふさぐべく、二人の男“捨之介”と“蘭兵衛”は闘いを挑む。三人が相見えたとき、運命は再び動きだす。
著者紹介
中島かずき(なかしま・かずき)
1959年、福岡県生まれ。舞台の脚本を中心に活動。85年4月『炎のハイパーステップ』より座付作家として「劇団☆新感線」に参加。以来、『スサノオ』『髑髏城の七人』『阿修羅城の瞳』など、“いのうえ歌舞伎”と呼ばれる物語性を重視した脚本を多く生み出す。『アテルイ』で2002年朝日舞台芸術賞・秋元松代賞と第47回岸田國士戯曲賞を受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る