タイトル 高木彬光探偵小説選
刊行日 2010年1月30日
著者 高木彬光
定価 3,400 +税
ISBN 978-4-8460-0910-6
Cコード 0093
ページ数 544
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 43
内容
幻の長編『黒魔王』初出版ほか単行本未収録作、ここに集成。探偵小説とは何ぞや、“本格の鬼”が語る貴重な論考10編併録。
著者紹介
高木彬光(たかぎ・あきみつ)
1920(大9)年、青森県生まれ。本名・誠一。京都帝国大学工学部冶金科卒業後の43(昭18)年、中島飛行機に入社するが、終戦と同時に失職。48年、名探偵・神津恭介が登する『刺青殺人事件』が江戸川乱歩に認められてデビュー。第二長編『能面殺人事件』(50)で第3回探偵作家クラブ賞受賞。『成吉思汗の秘密』(58)以後、社会派推理小説の台頭に伴って作風の転換を図り、経済犯罪を扱った『人蟻』(60)『白昼の死角』(同)などを上梓。
関連書籍
ページ上部へ戻る