タイトル 68年の女を探して
サブタイトル 私説・日本映画の60年代
刊行日 2004年6月30日
著者 阿部嘉昭
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0486-6
Cコード 0074
ページ数 334
判型 四六
製本 上製
内容
1968年という革命の季節に、日本映画における女優像は、いかにして変容していったのか? 増村保造、加藤泰、大和屋竺、大島渚らの作品を通して、「68年の女」を映画史的に考察。立教大学での講義草稿を単行本化。
著者紹介
阿部嘉昭(あべ・かしょう)
1958年、東京生まれ。批評家。現在、立教大学非常勤講師。
関連書籍
ページ上部へ戻る