タイトル 70歳からの健康法
刊行日 2018年9月13日
著者 入江健二 著/高山啓子 画
定価 1500+税
ISBN 978-4-8460-1742-2
Cコード 0047
ページ数 184
判型 四六
製本 並製
内容
ロサンゼルス在住の現役医師が体験から説く、70を過ぎても続けられる/70を超えたからこそ必要な、日々に役立つ健康法・予防法・治療法。健康を支える3本の柱、加齢に伴う症状の原因と対策など、すぐに実行できることがらを中心に楽しく解説。南カリフォルニア庭園業連盟の機関誌『ガーデナの友』に連載された好評シリーズ「リトル東京ヤブ日記」に大幅加筆。挿絵多数。
著者紹介
1940年東京世田谷生まれ。4歳で奈良へ疎開。生家は東京大空襲で焼失。戦後、池袋・新宿の焼け跡で育つ。東大医学部時代、ボート部所属。66年医学部卒業時より当時の「青年医師連合」運動にかかわり、東大病院支部長を務める(67年国家試験ボイコット戦術により、有名無実の医師修練制度だったインターン制度を廃止へ追い込む)。68年より都立大久保病院外科勤務。69年には、総評傘下の都職労病院支部大久保病院分会書記長に。が、美濃部「革新」都政下御用組合化した都職労の方針に反する運動を展開し、2か月の停職処分を受け、分会を追われる。71年渡米し、UCLAでがん研究5年。更に医師としての再研修5年の後、81年ロスアンゼルス・リトル東京で開業。73年、リトル東京の草の根団体「日系福祉権擁護会」の中に主に日系一世・二世を対象とする「健康相談室」を開設、現在に至る。著書に『リトル東京入江診療所』『リトル東京で、ゆっくり診療十七年』(ともに草思社刊)、『万里子さんの旅』『家庭内捨て子物語』(論創社刊)。
編集者コメント
年を取ると山あり谷あり、問題がつぎつぎに出てきます。でも、「年を取ることは、いろいろあって面白い! 」そんなスタンスで書かれた、ユーモアと愛情あふれる健康読みものです。関節炎、痔、風邪、ぎっくり腰など身近な病気を中心に取り上げており、自分でかんたんにできる対策も。入江医師が体験から説く健康法・予防法・治療法です。
目次
健康を支える3本の柱
 栄養―年をとったらクマさんみたいな食生活
 休養―毎日7時間寝よう
 運動―70過ぎても運動を
 3本柱をつなぐ人間関係と趣味―善玉コレステロールを増やそう

加齢に伴うあれこれ
 中性脂肪―高いとなぜよくないのか
 加齢臭―ニオイの原因を探る
 ゆびの関節炎―自分でできる対策
 目まい―「よろめき」の原因あれこれ
 ギックリ腰―ヤレヤレ、治療の中心はガマン
 笑いの効果―主役のエンドルフィンを登場させよう!
 痔(肛門部にできた静脈瘤)は切ない!
 カゼ―ウイルス性と細菌性
 鼻の病気で悩んだ話
 うつ病とたたかう―うつ病対策
 椎間板ヘルニアの拷問と教訓
関連書籍
ページ上部へ戻る