タイトル さだじいの戦争かるた
刊行日 2022年8月12日
著者 岩川洋成 文/浅生ハルミン 画
定価 1,600円+税
ISBN 978-4-8460-2192-4
Cコード 0021
ページ数 196
判型 四六
製本 上製
内容
時代を映す、あの言葉たち

「学童疎開」「教育勅語」「空襲警報」「赤紙」「奉安殿」「焼夷弾」……
戦中・戦後の日常用語を44枚の〈かるた〉で紹介。
戦時下に少年時代を過ごした、さだじいの語りとともに、親しみやすいイラストと平易な解説で当時の暮らしを語り継ぐ。
著者紹介
岩川洋成(いわかわ・ひろしげ)
1962年大阪市生まれ。大阪大学人間科学部卒業。朝日学生新聞社を経て1991年、共同通信社入社。前橋支局、仙台支社から文化部。2度の大阪勤務ののち2014年から編集委員。共著に『家族新聞』(幻冬舎)がある。

浅生ハルミン(あさお・はるみん)
1966年三重県生まれ。イラストレーター。著書に『三時のわたし』『江戸・ザ・マニア』などがある。2009年に『私は猫ストーカー』が映画化。2021年、町田市民文学館にて『浅生ハルミン・ブックパラダイス』展が開かれた。
関連書籍
ページ上部へ戻る