タイトル ようこそウェストエンドの悲喜劇へ
刊行日 2022年7月30日
著者 パメラ・ブランチ 著/大下英津子 訳
定価 3400円+税
ISBN 978-4-8460-2162-7
Cコード 0097
ページ数 360
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 286
内容
 ひょんな事からコラムニストの代筆を務める事になったバレエダンサーのレックス・トラヴァースは、雑誌『ユー』の編集部へ向かう途中、ビルのエレベーターに閉じ込められてしまう。そのタイミングで『ユー』編集部への殴り込み事件が発生した。雑誌によって運命を狂わされた人々の悲喜交々をブラックユーモアたっぷりに描く、パメラ・ブランチ最後の長編。
著者紹介
パメラ・ブランチ
 1920年、セイロン(現スリランカ)生まれ。英国で教育を受けて育ち、パリへ留学後、ロンドンの王立演劇学校へ入学した。1964年、フィリップ・ダールとの共作した舞台劇 “Murder Every Monday” が上演された。1967年死去。

〔訳者〕
大下英津子(おおした・えつこ)
 翻訳者。上智大学外国語学部英語学科卒業、ニューヨーク大学ギャラティンスクール修士課程修了(アジア系アメリカ女性作家文学専攻)。訳書に『火成岩』(文溪堂)、『絶滅できない動物たち』(ダイヤモンド社)。共訳書に『アメリカ新進作家傑作選 2007』(DHC)、『眺海の館』(論創社)。
目次
ようこそウェストエンドの悲喜劇へ
訳者あとがき

解説 井伊順彦
関連書籍
ページ上部へ戻る