タイトル アドルノ
サブタイトル 後期マルクス主義と弁証法
刊行日 2013年3月30日
著者 フレドリック・ジェイムソン 著/加藤雅之ほか 訳
定価 3,800 円+税
ISBN 978-4-8460-1209-0
Cコード 0010
ページ数 352
判型 A5
製本 上製
内容
ジェイムソンのアドルノ論、遂に刊行される! ジェイムソンの「歴史」という問題は、アドルノの「全体性」をどのように見つめるのか。ポストモダンという問題のなかで浮かぶ新たなるアドルノの姿。
著者紹介
フレドリック・ジェイムソン
1934年生まれ。アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身の比較文学者、文学理論家。イェール大学で博士号を取得し、現在はデューク大学の教授。最初の著作はサルトル研究だった。その後、フランクフルト学派やアルチュセールなどの西欧マルクス主義の成果を積極的に取り入れ、英語圏を代表するマルクス主義の理論家として文学批評・文化批評に関する多くの著作を刊行している。現在は、ポストモダン・アートなども研究対象として、幅広い分野で批評活動を展開している。

加藤雅之(かとう・まさゆき)
1958年生まれ。現在、神戸大学教授。専門は英語教育。

大河内昌(おおこうち・しょう)
1959年生まれ。現在、東北大学教授。専門は英文学。

箭川修(やがわ・おさむ)
1959年生まれ。現在、東北学院大学文学部教授。専門は初期近代イギリス文学。

齋藤靖(さいとう・やすし)
1963年生まれ。現在、熊本大学准教授。専門はアングロ・アイリッシュ文学、英文学。
関連書籍
ページ上部へ戻る