タイトル ダーク・デイズ
刊行日 2021年9月10日
著者 ヒュー・コンウェイ
定価 2200円+税
ISBN 978-4-8460-2091-0
Cコード 0097
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 247
内容
黒岩涙香が翻案した『法廷の美人』の原作が遂に完訳! 愛する者を守るために孤軍奮闘する男の心情が溢れる物語。
著者紹介
ヒュー・コンウェイ
本名フレデリック・ジョン・ファーガス。
1847年、英国ブリストル生まれ。
1883年に小説「Called Back」で長編デビューし、翌年『ダーク・デイズ』(84 )
を発表する。1885年死去。

高木直二(たかぎ・なおじ)
1947年、福島県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。翻訳家、早稲田大学社会連携研究所招聘研究員。現在、大学の研究所を中心に、明治・大正期の翻案小説を復刊し、その原作を翻訳する活動をしている。訳書『去年を待ちながら』(共訳)、『裁くのは誰か?』『大学経営 起死回生のリーダーシップ』『ドラッカー 教養としてのマネジメント』(共訳)、『二輪馬車の秘密』。編書『鬼車 二輪馬車の秘密【明治翻案版】』『八十万年後の社会 タイム・マシン【大正翻案版】』。


目次
ダーク・デイズ
訳者あとがき
解説 小森健太朗
関連書籍
ページ上部へ戻る