タイトル ベイジルタウンの女神
刊行日 2021年8月31日
著者 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-8460-2040-8
Cコード 0074
ページ数 312
判型 四六
製本 上製
内容
再開発地区の買収を目論む、お嬢様育ちのロイド社社長・マーガレット。
ふとしたことから買収予定地のベイジルタウン〈貧民街〉で一ヶ月暮らすことに……。
マーガレットと街の人々、ロイド社社員やライバル企業社長の思惑が交錯する人間模様を描くロマンチックコメディ。

著者書き下ろしの演出ノート付
著者紹介
劇作家、演出家、映画監督、音楽家。1963 年1 月3 日生まれ。
82 年、ニューウェイヴバンド「有頂天」を結成。また自主レーベルであるナゴムレコードを立ち上げ、数多くのバンドのアルバムをプロデュースする。85 年、劇団健康を旗揚げ、演劇活動を開始。92 年解散、93 年にナイロン100℃を始動。
99 年、『フローズン・ビーチ』で第43 回岸田國士戯曲賞を受賞し、現在同賞の選考委員を務める。2018 年秋の紫綬褒章をはじめ、第66 回芸術選奨文部科学大臣賞、第24 回読売演劇大賞最優秀演出家賞、第26 回読売演劇大賞最優秀作品賞(ナイロン100℃『百年の秘密』)など受賞多数。音楽活動では、有頂天、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、鈴木慶一とのユニットNo Lie−Sense など各種ユニット、ソロによるライブ活動や新譜リリースを精力的に展開中。
目次
・ベイジルタウンの女神

・あとがき
・「解題」・・・・・・石倉和真
・〈KERA孝〉サブカルチャーから王道を歩む・・・・・ 西堂行人

・上演記録
関連書籍
ページ上部へ戻る