タイトル マルクスのロビンソン物語
刊行日 2003年7月30日
著者 大熊信行
定価 4,600 円+税
ISBN 978-4-8460-0373-9
Cコード 0033
ページ数 288
判型 A5変
製本 上製
内容
ランゲ、ピグウら西欧の経済学者に先駆けて、マルクス「資本論」第一部第一章第四節に深く分け入り、「ロビンソン物語」の中に「配分原理」を発見した古典的名著が復活。1929年同文館刊の再刊。
著者紹介
大熊信行(おおくま・のぶゆき)
1893〜1977年。米沢市生まれ。富山大学教授、創価大学教授等を歴任。山形県地方労働委員会初代会長も務めた。著書に「ある経済学者の死生観」「告白」など。
関連書籍
ページ上部へ戻る