タイトル ミシュレとグリム
刊行日 2004年1月30日
著者 ヴェルナー・ケーギ 著/西澤龍生 訳
定価 3,000 円+税
ISBN 978-4-8460-0410-1
Cコード 1022
ページ数 344
判型 四六
製本 上製
内容
歴史家と言語学者の対話 19世紀半ば、混迷をきわめるヨーロッパ世界を生きた独仏二人の先覚者の往復書簡をもとに、その実像と時代の精神を見事に浮かび上がらせる。
著者紹介
ヴェルナー・ケーギ
1901-1979。スイスの文化史家、歴史随筆家。1935年よりバーゼル大学教授。ブルクハルトの学風を継承発展させ、ルネサンス・人文主義の精神史的研究で知られる

西澤龍生(にしざわ・りゅうせい)
1928年東京に生まれる。京都大学文学部史学科卒業。筑波大学名誉教授。
関連書籍
ページ上部へ戻る