タイトル 令嬢ジュリー
刊行日 2022年4月15日
著者 アウグスト・ストリンドベリ 著/毛利三彌 訳
定価 1,300円+税
ISBN 978-4-8460-2168-9
Cコード 0074
ページ数 144
判型 四六
製本 上製
内容
19世紀末ヨーロッパの混沌を生き抜き、
20世紀現代演劇を主導した異端児ストリンドベリの衝撃的な自然主義悲劇!
オリジナル原稿による新全集版を注釈付きで新たに翻訳。
著者紹介
毛利三彌(もうり・みつや)
成城大学名誉教授(演劇学)
文学博士、ノルウェー学士院会員、元日本演劇学会会長
主著書:『北欧演劇論』、『イプセンのリアリズム』(日本演劇学会河竹賞)、『イプセンの世紀末』、『演劇の詩学―劇上演の構造分析』
主編著:『東西演劇の比較』、『演劇論の変貌』、『東アジア古典演劇の伝統と近代』(共編)
Audio Downloads
関連書籍
ページ上部へ戻る