タイトル 会社を潰す経営者 会社を救う経営者
刊行日 2020年12月10日
著者 齊藤紀夫
定価 1600円円+税
ISBN 978-4-8460-1997-6
Cコード C0034
ページ数 256
判型 四六
製本 並製
内容
痛快!「なるほど、これが取締役か」
数々のピンチから会社を救ってきた非常識な役員(?)の
実体験から生まれた熱いビジネスバイブル!
社員から慕われ、役員から怖れられたエピソード満載、無敵の経営入門書。
会社役員になったら知っておきたい財務諸表の見方も楽しくわかる一冊。
著者紹介
齊藤紀夫(さいとう・のりお)
1946年奈良県生まれ、京都育ち、名古屋市在住。
1966年京都経理経営専門学校卒業。
1969年8カ月にわたるヨーロッパヒッチハイクを経て、米国ワシントンDCに留学。
22年間、中堅メーカー2社で電算室長、経理財務担当、総務担当、生産担当、管理本部、企画経営室、取締役を歴任。中国及び米国法人代表。
1994年より、お絵かきを通じて難民の子どもたちを支援するNGO代表。
2008年経営コンサルタント開業。中小企業の海外進出、管理者教育、新人教育を主とする。キャリアカウンセラーとしても活動している。
著書に、『会社人の常識』(長崎出版、2012年)、『わたしの夢、わたしの人びとの苦しみ──難民キャンプのこどもたち』(編集責任者、ポプラ社、1999年)、『自分らしく働くための会社人の常識』(論創社、2018年)など。
目次
【序章】取締役って本当にエキサイティングなお仕事です
【第1章】立候補もできる?取締役への就活
【第2章】知らないとイエローカード?取締役5つの心得
【第3章】そうだったのか!取締役たちの成績表
【第4章】今さら聞けない!取締役の違い
【第5章】実録!取締役の条件は勇気と良心である
関連書籍
ページ上部へ戻る