タイトル 列をなす棺
刊行日 2024年5月30日発売予定
著者 エドマンド・クリスピン 著/宮澤洋司 訳
定価 2800円+税
ISBN 978-4-8460-2389-8
Cコード 0097
ページ数 272
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 319
内容
 ファルス要素が少ない分、ミステリとしてはタイトな仕上がりで、巻頭からラストの一行までピンと緊張感の糸が通った、気持ちの良い仕上がりになっているのではないでしょうか。「なぜ?」という謎かけから始まり、その探求がサスペンスに繫がっていくという展開は、パズラーでもありスリラーでもあるという、実に巧妙で構成で、読んでいると、これこそがミステリのひとつの理想型なのでは? という気分になってきます。(「訳者あとがき」より)。
著者紹介
エドマンド・クリスピン
 本名ロバート・ブルース・モンゴメリー。1921年、イギリス、バッキンガムシャー州生まれ。オックスフォード大学在学中に書きあげた「金蠅」(1944)でデビュー。パブリックスクールで二年ほど教鞭を執ったあと、合唱曲や映画音楽の作曲家として活躍し、評論活動やアンソロジー編纂の仕事にも力を入れた。1978年死去。

[訳者]
宮澤洋司(みやざわ・ようじ)
 1962年、長野県生まれ。東京大学法学部卒。出版社勤務を経て、現在はフリーのDTPオペレーター。未訳の海外ミステリを翻訳紹介する同人誌「翻訳道楽」主催。訳書に『被告人、ウィザーズ&マローン』(論創社)、『フランケンシュタインの工場』(国書刊行会)がある。
目次
列をなす棺
訳者あとがき
解説 佐々木重喜
関連書籍

「二十四の瞳」からのメッセージ

澤宮 優

2400円+税

「西日本新聞」(2023年4月29日付)に書評が掲載されました。

日本の脱獄王

白鳥由栄の生涯 斎藤充功著

2200円+税

「週刊読書人」(2023年4月21日号)に書評が掲載されました。

算数ってなんで勉強するの?

子供の未来を考える小学生の親のための算数バイブル

1800円+税

台湾野球の文化史

日・米・中のはざまで

3,200円+税

ページ上部へ戻る