タイトル 別役実の風景
刊行日 2022年1月21日
著者 野田映史 編/べつやくれい イラスト
定価 2000円+税
ISBN 978-4-8460-2100-9
Cコード C0074
ページ数 352
判型 四六
製本 並製
内容
追悼 別役実
日本の演劇史に不条理劇を定着させ、劇作のみならず各ジャンルで批評、創作活動を続けた巨星・別役実の実像が語られる!

執筆者一覧
べつやくれい、石澤秀二、貝山武久、喜志哲雄、平田オリザ、岩松了、松本修、小森美巳、平井久美子、鈴木忠志、藤原新平、角野卓造、スズキコージ、小室等、小笠原昌夫、川上正沙子、芹沢俊介、喜多哲正、是永海南男、堀間善憲、砂山幸彦、梶原礼之、野田映史、有馬弘純、岡室美奈子、梅山いつき、内田洋一(掲載順)
著者紹介
野田映史(のだ・あきひと)
一九四九年東京生まれ。二〇一〇年文藝春秋社を退職。現在フリーの編集者。「季刊評論」同人。主な刊行作品として論創社から碑文谷創著『キリスト教界と東神大闘争――碑文谷創全発言録』、喜多哲正著『挑発の読書案内』『天草・逗子・鶴岡、そして終焉』、有馬弘純著『漱石文学の視界』などがある。
目次
まえがき べつやくれい

第一部 演劇人のまなざし
想い出は思い出すことで現前する——さすらいびとの足跡 石澤秀二
若き日、別役実の「三好十郎論」 貝山武久
別役実氏のやさしさ 喜志哲雄
オロオロ歩ク 平田オリザ 
別役さんと不条理劇 岩松了

第二章 演出者として
別役実さんの思い出  松本修
別役さんと円・こどもステージ 小森美巳
南塚口3丁目の別役さん 平井久美子
新しい舞台形式の創始者 鈴木忠志
別役実とアトリエ 藤原新平

第三章 別役実の風景
劇作家としてだけでないお付き合い 角野卓造
ベッチャクさん スズキコージ
自由なたましひになった別役さん 小室等
中学、高校、浪人時代——別役實と過した青春 小笠原昌夫
友だち・別役実 川上正沙子
犯罪研究会のこと 芹沢俊介

第四章 「季刊評論」の歳月
別役実・もう一つの顔 喜多哲正
評論同人時代の「役さん」 是永海南男
「はなはだ異例ではありますが」 堀間善憲
『空中ブランコのりのキキ』を巡って 砂山幸彦
別役実の思い出 梶原礼之
別役さん もう少し話をしたかったです! 野田映史
林檎の翳——別役実へのオマージュ(hommage) 有馬弘純 

第五章 作品論
神をもたない信仰家 岡室美奈子
ソーセージにホクロはあるのか?——処女戯曲にみる別役実の挑戦 梅山いつき
別役語はどのようにして生まれたか 内田洋一

別役実 年譜
別役実戯曲一覧
本書の出版にあたって 野田映史
関連書籍
ページ上部へ戻る