タイトル 女の自立 男の支え
サブタイトル パワ女の昭和から令和
刊行日 2021年10月15日
著者 野崎麗
定価 1500円+税
ISBN 978-4-8460-2087-3
Cコード 0095
ページ数 164
判型 A5変
製本 並製
内容
眞野あずささん推薦!
「ドラマ『はぐれ刑事純情派』で麗さんのお着物を着させて頂いてからの長いお付き合いなのに……更なる驚きを知るエピソードの数々。潔くしなやかな、そして不合理に果敢に向き合い新しい道を拓く姿はお見事。活かせる生きるヒントです。」

女優や歌手の着物を多数デザインする著者によるエッセイと、美麗な着物の写真を多数おさめた本書には、着物へのこだわり、ビジネスの苦悩、そして力強く生きる女性の姿が記されています。夢中になれるパワーのある女子=パワ女が駆け抜けた昭和から令和の記録、ぜひご覧ください!!【オールカラー】
著者紹介
野崎麗 Ray Nozaki
染色作家・山浦渓泉に学び、パリ・ロンドンで色彩学を習得。大手呉服メーカー各社とデザイナー契約を締結後、「株式会社 麗」を設立。自社製品を制作し、ショップにてユーザーのニーズを模索しながら「RAY」ブランドを確立する。女優や歌手の着物を数多くデザインし、芸能界やキャリアの女性たちからも支持を受ける。今後の目標は、着物は女性だけのものではなく、男性にこそ着用していただきたく、四季を通して活用できる安価でおしゃれなキモノを制作し、日本の文化の一つとして「Jキモノ」というブランド名で拡めていきたいと願っています。著書に『野崎麗きもの作品集 銀座の粋』(論創社)。
目次
第1章 私の生い立ちとキモノ
第2章 キモノデザイナーへの道
第3章 銀座に店を構えてビジネスを展開
第4章 銀座の光と影
第5章 女性の生き方「私日記」
エピローグ
関連書籍
ページ上部へ戻る