タイトル 川野京輔探偵小説選Ⅲ
刊行日 2022年8月下旬刊行予定
著者 川野京輔 著/齋藤詩唯 編
ISBN 978-4-8460-2056-9
Cコード 0093
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
内容
NHKで長年ミステリ・ドラマを演出した、日本推理作家協会名誉会員・川野京輔の知られざる作品を一挙集成。デビュー前の掌編や未発表中編「公開放送殺人事件」ほか、単行本初収録作品多数! 巻末には書下ろしエッセイ「コロモンのウエチャンとつき合ってくれた鬼怒川浩・矢野徹の思い出あれこれ」を収める。
著者紹介
川野京輔(かわの・きょうすけ)
 1931年、広島県生まれ。本名・上野友夫。53年より『千一夜』や『風俗草紙』へ短編の投稿を始め、同年末には『別冊宝石』の懸賞に本名で応募した「復讐」が入選し、事実上の作家デビューとなる。中央大学法学部法科卒業後、54年にNHKに入局。広島中央放送局放送部、松江放送局放送部を転任した後、60年に東京勤務となり芸能局へ配属される。広島中央放送局在職中に広島中央局長賞を受賞した。アナウンス室で事務業に従事した時期もあったが、芸能局には合計27年在籍した。91年にNHKを定年退職。日本推理作家協会名誉会員。

齋藤詩唯(さいとう・しゆう)
 北海道生まれ。青森県で幼少期を過ごし、小学校卒業と同時に一家揃って神奈川県へ引っ越す。中学生の頃に芸場事務所へ入所し、学業と並行して芸能活動を行い、小劇場でのコンサートや演劇に出演。グラビアモデル、ボイストレーナーを経て、現在はマネージャー業に従事。
関連書籍
ページ上部へ戻る