タイトル 神州無頼街
刊行日 2022年3月24日
著者 中島かずき
定価 1800円+税
ISBN 978-4-8460-2154-2
Cコード 0074
ページ数 220
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 K.Nakashima selection
シリーズ番号 37
内容
任俠と人狂、宿命と宿業に抗う幕末伝奇物語!

時は幕末。駿河国、清水湊で開かれる宴に海道一とうたわれる俠客・清水次郎長はじめ、甲州の親分衆が招かれる。だが、それは身堂蛇蝎率いる身堂一家による暗殺計画だった。居合わせた町医者・秋津永流と口出し屋・草臥。身堂一家に縁を感じた二人は、一家の根城〈無頼街〉へと向かう。複雑に絡み合う因縁と宿命、智略の限りを尽くす戦いの火蓋が切られる。
著者紹介
中島かずき(なかしま・かずき)1959年福岡県生まれ。舞台の脚本を中心に活動。85年4月『炎のハイパーステップ』より座付き作家として『劇団☆新幹線」に参加。以来、『髑髏城の七人』『阿修羅城の瞳』『朧の森に棲む鬼』など、”いのうえ歌舞伎”と呼ばれる物語性を重視した脚本を多く生み出す。『アテルイ』で2002年朝日舞台芸術賞秋本松代賞・と第47回岸田国士戯曲賞を受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る