【イベントのご案内】歪む社会

安田浩一×倉橋耕平著『歪む社会』刊行記念トークセッション

〈この歪んだ社会をどう変えていけばよいのか?〉

 

出演者: 安田浩一(ジャーナリスト)、倉橋耕平(社会学者)

日 時: 2019年2月17日(日)15〜17時

場 所: 下北沢の書店B&B HP

     東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F【アクセス

 入場料: 前売 1,500円+1ドリンク

     当日店頭 2,000円+1ドリンク

 

※イベントのご予約はこちらから

 

 産経新聞でさえ「『言論の府』に恥じないか?」(2018/12/11の「主張」)と述べた昨年の臨時国会。説明責任を放棄した上で、次々と国会で法律が成立していく、負の意味で歴史に刻まれる国会であった。

 

 そして昨年は、国のかたちを決める国会議員のひとりが、人を差別したり排除するヘイト言説を発し、本人は謝罪することもなく、所属する政党による叱責は軽いものであった。杉田水脈衆院議員である。

 

 さらに、杉田議員のみならず、限りなくネット右翼の言動に近いようなヘイト言説を、平気で雑誌に掲載し、書籍にしてしまう出版社は増加の一途をたどっている。

 

 あきらかに社会が歪んでいる。

 

 では、なぜこれほどまでに歪んでしまったのか。なぜこの歪みに歯止めがきかなかったのか。そして、私たちにこの歪みを制御することはできるのだろうか?

 

 大宅賞ジャーナリストの安田浩一と新進気鋭の社会学者の倉橋耕平が、歪んだ社会について徹底討論する!

 

【 出演者プロフィール】

安田浩一(やすだ・こういち)

 1964年、静岡県生まれ。「週刊宝石」「サンデー毎日」記者を経て2001年よりフリーに。事件、労働問題などを中心に取材・執筆活動を続ける。2012年『ネットと愛国』(講談社)で第34回講談社ノンフィクション賞受賞。2015年には「ルポ外国人『隷属』労働者」(「G2」掲載)で第46回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)を受賞した。

倉橋耕平(くらはし・こうへい)

 1982年生まれ。関西大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。立命館大学ほか非常勤講師。専攻は社会学・メディア文化論・ジェンダー論。2018年2月刊行の『歴史修正主義とサブカルチャー』(青弓社)が4月末までに4刷と話題に。

 

関連記事

ページ上部へ戻る