タイトル ふたりの村上
サブタイトル 村上春樹・村上龍論集成
刊行日 2019年7月6日
著者 吉本隆明 著/小川哲生 編/松岡祥男 解説
定価 2600+税
ISBN 978-4-8460-1828-3
Cコード C0095
ページ数 272
判型 四六
製本 上製
内容
村上春樹と村上龍。

『ノルウェイの森』と『コインロッカー・ベイビーズ』で一躍、時代を象徴する作家となったふたりの村上。

その魅力と本質に迫る吉本隆明の「村上春樹・村上龍」論。16年間の思索の軌跡を示す全20稿を集成! 
著者紹介
吉本隆明
1924 - 2012年。東京月島に生まれる。東京工業大学電気化学科卒業。詩人、思想家、文芸批評家。

詩人として出発し、1950年代に文学者の戦後責任論・転向論で論壇に登場。長期にわたり言論界をリードして「思想界の巨人」と呼ばれ、時代と社会に多くの影響を与えた。

著書に『言語にとって美とはなにか』『共同幻想論』『最後の親鸞』『「反核」異論』『マス・イメージ論』『ハイ・イメージ論』『宮沢賢治』『心的現象論』『「反原発」異論』などがあり、『夏目漱石を読む』で小林秀雄賞、『吉本隆明全詩集』で藤村記念歴程賞、永年の宮沢賢治研究の業績により宮沢賢治賞を受賞。

現在、『吉本隆明全集』(全38巻・別巻1)『吉本隆明質疑応答集』(全7巻)が継続刊行中。
目次
イメージの行方
村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』
解体論
村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
像としての文学(一)
像としての文学(二)
走行論
村上龍『ニューヨーク・シティ・マラソン』
村上龍『愛と幻想のファシズム』
村上春樹『ノルウェイの森』
村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』
瞬間論
現在への追憶
反現在の根拠
村上春樹『国境の南、太陽の西』
「現在」を感じる
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』第1部・第2部
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』第3部
形而上学的ウイルスの文学
村上春樹『アンダーグラウンド』批判
編集後記にかえて 小川哲生
解説  松岡祥男
関連書籍
ページ上部へ戻る