タイトル クラヴァートンの謎
刊行日 2019年3月4日
著者 ジョン・ロード 著/渕上痩平 訳
定価 2400+税
ISBN 978-4-8460-1790-3
Cコード 0097
ページ数 264
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 228
内容
急逝したジョン・クラヴァートン氏を巡る不可解な謎。遺言書の秘密、不気味な降霊術、介護放棄の疑惑……。果たして彼は“殺された"のか?
著者紹介
ジョン・ロード
1884年、英国生まれ。本名セシル・ジョン・チャールズ・ストリート。別名義にマイルズ・バートン、セシル・ウェイ。元陸軍少佐だが詳しい略歴は不明。1924年、"A.S.F"(1924)でミステリ作家としてデビュー。 25年に発表した"The Paddington Mystery"以降、多数のミステリ作品を発表し、ディテクション・クラブの主要メンバーとしても活躍した。

[訳者]
渕上瘦平(ふちがみ・そうへい)
英米文学翻訳家。海外ミステリ研究家。訳書に ジョン・ ロード『代診医の死』(論創社)、R・オーステ ィン・フリーマン『キャッツ・アイ』(筑摩書房)など。
目次
 クラヴァートンの謎
 訳者あとがき
 解説 sugata(WEBサイト「探偵小説三昧」管理人)
関連書籍
ページ上部へ戻る