タイトル メディアと権力
サブタイトル 情報学と社会環境の変革を求めて
刊行日 2007年4月30日
著者 ジェームズ・カラン 著/渡辺武達 訳
定価 3,800 +税
ISBN 978-4-8460-0674-7
Cコード 0030
ページ数 453
判型 A5
製本 上製
内容
権力は情報を操作し民衆を動かしてきたか?インターネットの出現をふまえて「メディア」の全体像を、歴史学・社会学・政治学の観点から解く、メディア研究の白眉。
著者紹介
カラン,ジェームズ
1945年生まれ。ケンブリッジ大学で歴史学を学び、放送大学を経て1983年よりロンドン大学へ移籍し、コミュニケーション学部長などを歴任。同大学ゴールドスミスカレッジ教授。欧米の多くの大学で特別講義を行い、メディア社会学の分野で世界的な注目をあびる研究者の一人。

渡辺武達(わたなべ・たけさと)
1944年、愛知県生まれ。同志社大学社会学部教授、同大メディア・コミュニケーション研究センター代表。専攻はメディア倫理、国際コミュニケーション論。1996年度から英国シェフィールド大学大学院日本学通信教育嘱託講師、2001年度、米国ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員。
関連書籍
ページ上部へ戻る